コラム

低身長でもバイクに乗れる!148cmの私が自動二輪の免許を取得した話

どーも!ずっき(@zukki_ki_)です!

今回の記事は「バイクに興味はあるけど、背も低いし足も短いから乗れるか不安…。」という方のために、私が自動二輪免許を取得したときの話をまとめました!

バイクに興味はあるけどチビだし乗れないよなぁなんて一歩踏み出せない方もいるんではないでしょうか?
でも大丈夫!150cm以下の私でも無事に免許をとれました。

これから免許取得を目指す小さめ女子の参考にしてもらえれば嬉しいです◎
技術的なことは私には語れないので、おもにメンタル面での話になります

 

大きなバイクに憧れたキッカケは一人旅で出会ったお姉さんライダー

もともと私は学生の頃から原付には毎日乗っていました。でもその時は大きいバイクに乗りたいなんて全く思わなかったんです。
そんな私の考えを180度変えるキッカケになったのが、一人旅で北海道に出かけたときのことでした。

大きなバイクで旅をするお姉さんがめちゃくちゃ格好良かった

原付で北海道 富良野を走りまわっていた私。
実際に北海道を回った原付の写真
ある観光地で同じく一人旅をしているであろうお姉さんに写真を撮ってほしいと頼まれます。
特に会話をしたとかそういうのはなかったんですが、そのお姉さんが大きいバイクに乗って走り去っていったんです。その姿を見て、

格好良すぎる!!私も乗りたい( ゚Д゚)

と、ある意味ひとめぼれのような感じになってしまいました。
「私もいつか北海道の大地を大きいバイクで走るんだ!」という新しい夢がうまれた瞬間です。

思い立ったらすぐ行動!北海道から帰り、一週間後には教習所に申し込み。
はれて自動二輪の免許取得に挑むことになりました。

 

教習所に入校!それは波乱の幕開けだった


さてさて、はれて教習所に通うことになった私。これからの苦労など知る由もなく、免許取るぞー!なんてウキウキで通い始めたのでした…。

教習所によっては低身長だと断られる可能性も。受け入れてくれる教習所を探そう!

低身長で免許を取得した方の体験談をネットなどで読むと、そもそも入校自体を断られてしまったというひと結構いるんですよね…。

私が通った教習所では身長の確認もなにもなく入校OKだったので、低身長でも受け入れてくれる教習所は必ずあります‼
もし断られてしまっても諦めず他の教習所に問い合わせてみよう!

教習初日 足が届かない恐さを思い知る

とうとう迎えた教習初日。確かバイクの各名称や跨り方から教えてもらったと思います。

そして一通り説明が終わったあと、バイクに跨ってみる。

…あれ?全然、足が届かないんですけど!

想像以上に足が届かなかった(泣)
ぎりぎりまで傾けてなんとか片方のつま先が着くか着かないかくらいのレベル。しかも傾けるから全然バランスがとれない!

本当は足が届かないことくらい分かっていたはずなんですが、なんとかなるだろって完全に舐めてたんですね…。

さらに、ギアつきのバイクに乗ったこともなければ(原付はスクーターのみ)、車の免許もオートマ限定しか持っていなかったので、クラッチって何?状態。

そんな何がなんだかわからない感じで、初日の教習を終えたのでした。
ちなみに初日は3回くらい転びました(汗)

なんとか頑張って通うも、とうとうやっちまった号泣事件

初日から転びまくってた私。それでも”免許が欲しい”という気持ちだけで、なんとか通っていました。

教習もだいぶ佳境を迎え、確か一本橋の教習をやっていた日のこと。
その日いつも以上に転びまくっていた私。たぶん10回くらい転んだ。

その度に教官がバイクを起こしてくれるんですが、とうとう恐れていたことがおきてしまったんです。

転びすぎてバイクが壊れた

そう…、転び過ぎてとうとうバイクが故障。エンジンが全くかからない!
壊れたバイクが車庫にドナドナされる姿をぼんやり見ていることしかできなかった私。

そして…号泣

やっちまったー!今やったら完全に痛い人なんですが、まぁ20代そこそこだったので大目にみてください(焦)

泣き出してしまった私はそのまま別室へ。その日の教習は諦めて別室に連れていかれたのでした。

完全に折れた心を奮い立たせてくれた教官の言葉

別室に連れていかれ「もうやめよう」「やっぱり自分には無理だったんだ」って免許を諦める決意をしていた私。

そんなとき、いつも担当してくれてた教官が私のもとに来て、

「最初から乗れる人より、いっぱい失敗した人のほうがどんどん上手くなるんだよ!いつか必ず乗れるようになるから諦めないで」

と言葉をかけてくれました。その言葉を聞いてまた号泣w

シンプルな言葉だけど、心折れた私には本当に響きました。この言葉ってバイクだけじゃなく人生の色んなことにいえることだよね。

教官の言葉で「また頑張ってみよう」そう思えたのでした。

試験の日 まさかの結果にびっくり!

そして迎えた試験の日。泣いてしまった日から、何度もイメージトレーニングを繰り返し、先輩ライダーに上手く乗るコツを聞いたりして試験までの教習を頑張りました。

試験は大きい失敗もなく、もちろん転ぶことなく無事に終了!

そして合格発表。
結果からいうと…一発合格!

やったよー(/_;)本当にびっくりした。
ちなみに3人で試験を受けて合格したの私一人。

教官の言葉の意味をまた実感するのでした。下手くそでも努力すれば上手になるんだね。諦めなくて良かった。

私の免許取得の思い出でした。

 

とうとう免許ゲット!次はバイクゲットだー!

無事に免許を取得した次は、バイクをゲットしないと!ということで、低身長でも乗れるバイク探しが始まりました。
アメリカンがいいなーというのは前からあったので、その中でも乗りやすそうなバイクを探します。そして決めたバイクが…

足つき抜群!ドラッグスター250cc

これです!!
以前、実際に乗っていたバイクです
低身長の人でも乗りやすいバイクでよくオススメされてますよね。

さらに乗りやすくするため、ハンドルとシートだけカスタムしました。

ハンドルは手が届きやすくするため幅が狭い小さめのもの。ハンドルの幅が狭くなることで体を前のめりにしなくてすみ足がつきやすくなります。
シートは極限まで薄いものに。

カスタムした結果、両足がちゃんと地面に着く自分専用のバイクが完成!

 

ツーリング最高ーーー


自分用にカスタムしたバイクに乗り、友達と行くツーリングは最高なものでした。

ちなみに今現在まで無事故・無違反です。イェ‐イ!

 

低身長でも免許取得した私から伝えたいこと


なんだか途中まで失敗談ばかりで逆に不安にさせてしまってないか心配です…(笑)

私みたいに苦労しないよう免許取得からバイク購入までのポイントをまとめてみました。

●バイクに乗る前に予習をしよう
●先輩ライダーの経験談をきこう
●諦めなければ努力と工夫で誰でもバイクは乗れる
●自分サイズのバイクをカスタムしよう

 

バイクに乗る前に予習をしよう!

教習所に通うまで、クラッチって何?状態だった私。そこに足が届かない恐さが重なって余計に苦労しました。

免許取得を目指すなら教習所へ通う前に、事前予習をしっかりしていくことをおススメします!特に、今までギア付きバイクに乗ったことがない方は絶対にやってください。

バイクの構造やクラッチの替え方など事前に分かっているだけで、難しさのハードルはかなり下がるはずです。

先輩ライダーの経験談をきこう

まわりに先輩ライダーはいますか?実際に経験している人の話は何よりも勉強になります。

もしいるようであれば、上手く乗るコツをどんどん聞いてみてください!
誰もいないよーっていう方は、Caymさんのブログを参考にするといいと思います↓

”バイクに乗りたいと悩める低身長の皆さんへ”
145cmライダーCaymさんのブログ「GODDAM‼」
とても参考になると思います!

諦めなければ努力と工夫で誰でもバイクは乗れる

いざ教習所に通い始めたものの、私のように心折れる方がいるかもしれません。
でも大丈夫!!努力と工夫で必ず乗れるようになります!

身長が低い分、苦労するのは当たり前。
そこをどれだけ努力と工夫で乗り切れるかが重要です。

人より苦労した分、乗れるようになったときの喜びもひとしお。そして学んだ分だけ事故をおこす可能性も低くなるはずです。

自分サイズのバイクをカスタムしよう

免許を取得したら夢のライダーデビューですね!
取得と同時にバイクを購入する方も多いと思います。

免許をとったらそこがゴールのような気がしますが、まだまだ初心者ライダー。ぜひ自分の身体のサイズに合ったバイクの乗ってほしいです。

どんなに大きいバイクでも技術があれば乗りこなせますが、初心者のうちは無理は禁物!絶対に事故をおこさないことが大切です。
まずは足つきが良く、安心して乗れるバイクに乗って自分自身のレベルアップを。

さいごに

バイクに乗ることで自分自身の世界がひろがったり、新しい仲間との出会いがあります。苦労はするかもしれませんが、”バイクに乗りたい!”という思いがあればぜひチャレンジしてほしい!

この記事がライダーに憧れる小さめ女子の参考になれば幸いです。
楽しいバイクライフを手に入れよう!

PR:10代(18歳19歳)におすすめのバイク任意保険