TV・音楽

福岡発祥!ゴリパラ見聞録がおもしろすぎるので魅力を語ってみた

こんにちは、ずっきです(´ー`)

みなさん、ゴリパラ見聞録という番組を知っていますか?

ゴリパラ見聞録は”ゴリけん”さんと”パラシュート部隊”の三人が出演している福岡発祥のローカル番組です。

九州内で放送が始まってからじりじりと人気が上昇し、今や全国知名度も上がってきているこの番組。

九州出身の私は帰省したときに新聞のテレビ欄で番組名だけちょこちょこ見かけていて「どんな番組だろう?」ってずっと気になっていました。

そしてとうとう関東でも放送が始まってからよく見るようになり、いつの間にかドはまり!

今放送されているたくさんの番組の中で、ぶっちゃけ今一番おもしろい番組だと思っています。

ということで、この面白さをもっと多くの人に知ってもらうべく今回はゴリパラ見聞録の魅力を語りたいと思います!

では、どうぞ~!

 

ゴリけんとパラシュート部隊の「行き当たりばったりの珍道中バラエティ番組」


あなたの「行ってみたいけどなかなか行けない場所。」に芸人達が日本全国どこへでも代わりに行き、依頼者のお望みの写真を撮影する行き当たりばったりの珍道中バラエティ番組。行く先々でのトラブルや名物、名所、親切な方との出会いなど、実際行ったからこそ分かる「何か」を伝えます。

引用(ゴリパラ見聞録公式サイトより)

「テレビの前のあなたに代わって日本全国どこにでも行きます」という合言葉をもとに、視聴者の行きたい場所へ三人が代わりに向かい写真を撮ってくるというドキュメンタリー番組です。

とある番組のコーナー企画としてスタートし、人気が出たことからゴリパラ見聞録という一つの番組として放送されるように。

番組内での出演者同士のやりとりがおもしろいと話題になり、今では九州以外でも放送されDVDも発売されています。

番組の流れ

一つの旅を前編(1日目)、後編(2日目)の二週に分けて放送。

前編では番組視聴者(キッズ)を集めて、じゃんけんとあみだくじで行き先を決定。

基本的には日本全国どこにでも行きます!となってますが、たまに予算の都合で九州・山口限定で依頼を受けることも。ローカル番組ならではですね(笑)

目的地によっては飛行機や新幹線を使いますが基本的に車で移動します。前編は依頼を受けてから夜まで。後編では目的地で依頼されたミッションを達成し、帰路につくところまでが放送されます。

出演者は?

ゴリけん

◇ワタナベエンターテイメント所属
◇1973年10月24日生まれ
◇熊本県八代市出身

◇番組での役割 「年上」

この方、九州以外の知名度はあまり高くないと思いますが、九州内ではなかなかの有名人なんです。ローカル番組で6つもレギュラー出演しているんですよね。

以前は東京でも活動をされていたようなので、名前や顔はなんとなく知ってる…という方もいるかもしれません。

番組内での役割は「年上」。
年上って…(笑)三人の中で最年長なんですが、天然なこともあり完全にいじられキャラです。最年長なのに子供みたいな人w

言い間違いや勘違いなどのミスが多く、しょっちゅう噛むため”噛み様降臨”といじられることも。

ダメな人なんだけど熱い一面ももっている憎めない愛されキャラです。

パラシュート部隊 斎藤優

◇ワタナベエンターテイメント所属
◇1978年10月12日
◇大阪府豊中市出身

◇番組での役割 「ドライバー」

内村プロデュースに出演されていたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

もともと全国区で活躍されていましたが、事務所が九州支部を作ることになり、活動の場を九州へと移されました。

ゴリパラ見聞録での中心メンバーです。というか斎藤さんがいなかったら番組として成立しないんじゃないかというくらい重要なポジションを担っていますw

一番芸人さんらしくボケもツッコミもこなします。

泣き上戸ですごく熱い人なんだなという印象。グチやボヤキが多くてダメダメなんだけど、その人間臭いところに共感できる部分も。

そこもゴリパラ見聞録が人気な理由の一つかもしれません。

パラシュート部隊 矢野ペペ

◇ワタナベエンターテイメント所属
◇1979年2月7日
◇大阪府豊中市出身

◇番組での役割 「メモ&カメラ&雑用」

ペーパードライバーなため、運転はほとんど出来ないペペさん。公式HPで「彼の必要性が疑問視されている」なんて書かれてしまってます(笑)

そのためロケ地での撮影交渉などスタッフばりに雑用をこなします。

番組内でのナレーションも担当。このナレーションが上手い!すごくいい声をされているんです!

見た目やコンビでのツッコミ担当ということもあり、しっかりした人なのかなという印象だったんですが、この人も結構ダメダメですw

 

番組の魅力

次に私ずっきが思うゴリパラの魅力を語ります。
(異論があってもグッと飲み込んでください 笑)

車中の会話がおもしろい

「車中の会話のおもしろさ」ここが、ゴリパラの一番の魅力だと思います。

そもそもゴリパラ見聞録は、番組本番中の三人よりも楽屋での”オフ”の会話の方がおもしろいという理由で始まったそう。これって芸人さん的にはどうなんだという気もしますが、彼らの素の姿で人気が出ているわけですから凄いことですよね。

車中の会話では目的地の話や三人のプライベートな話題だったり、正直これテレビで流す会話なの?という会話が繰り広げられますw

ここが一番面白い部分なんですが、あの水曜どうでしょうに似てるといわれてしまうところでもあるんですよね。

まぁ似てるといえば似てるんですが、水曜どうでしょうは毎回違う過酷な企画の中で生まれるボヤキや、大泉洋さんと藤村ディレクターとの子供の喧嘩のようなやりとりが魅力のひとつでした。

そして”何かにチャレンジして達成する”姿が好きで見ていた方も多いのではないでしょうか?(完全に私見です。ちなみに水曜どうでしょうもDVD集めてるくらい大好きです)。

その点でゴリパラ見聞録は企画自体の大枠は毎回同じ。そのなかで思いもよらないミスやハプニングがおこったりプライベートな話題で誰かがいじられまくったり、仕事の愚痴をたれ流したり…w

内容自体はそんなに変わらないのになぜか飽きなくて毎回おもしろいという不思議な魅力があります。

そして旅番組らしく観光地も(少しは)紹介されることも。まぁこれも彼らが乗り気じゃないとスルーされてしまうんですがw

クラスで面白かったりいつもバカなことを言っている男子って必ずいましたよね?その子たちが大人になって一緒に出かけたんだけど、相変わらずバカなことしてんな~っていう気分。

なんだか微笑ましくて見ていて面白い!ゴリパラにはそんな魅力があります。

名物コーナー「一献」でみせる人間臭さがクセになる

ゴリパラには名物「一献」というコーナーがあります。まぁいわゆる打ち上げのようなもの。

地方の名物でも紹介するかと思いきや、どこに行っても必ず焼酎と刺し身を頼む彼ら(笑)刺身が大好きで、NO SASHIMI,NO LIFEというTシャツまで作ってるほど。

そして一献の面白さは、お酒が入ることにより彼らの素の部分がさらに溢れだすところ

特に斎藤さんが泣き上戸で仕事に対して熱く語りながら涙する場面なんか人間臭さしかないです(..)その姿がおもしろくて笑ってしまうんですが、心のどこかで共感してしまう部分もあったり…。

私生活を切り売りしているのかもしれませんが、それが彼らの芸として成立しているところが凄い部分です。

まとめ まずは一度見てほしい

好き勝手に語りましたが百聞は一見に如かずというように、まず見てください!本当に彼ら三人の大ファンになること間違いなしです◎

おじさんたちのリアルな姿に笑ったり、ときに共感したり応援したくなったり、まるで一緒に旅をしているような気分を味わうことができる番組です。

ずっき
ずっき
ぜひ、あなたもゴリパラ見聞録を見て笑顔になってください!

各地域の放送日時はこちら↓

3/1追記 ゴリパラ3人がCDデビューするって!

エンディングで使用されている楽曲「オン・ザ・ロード」でとうとうCDデビューするそうです!!パチパチ~

カップリング曲はなんとヒャダインさんが作曲なんだそう。

こちらもぜひチェックしてみてくださいねっ!

午後の紅茶のCMが好きすぎるのでストーリーと音楽をまとめてみましたこんにちは、ずっきです(´ー`) 冬になると流れる「午後の紅茶 あいたいってあたためたいだ」のCM。 出典:KIRIN 上白石...
ひとりでも多くの人に知ってほしい~サポートや周囲の理解が必要な人の〇〇マーク8選~ここ数年、電車やバスの優先席で色んなマークを見かけるようになりました。 有名なマークでは妊婦さんが使用する“マタニティマーク”とい...