横浜・川崎

生田緑地ばら苑へ|春と秋だけOPENする3300株のローズガーデン

川崎市多摩区にある生田緑地ばら苑に行ってきました♪

生田緑地ばら苑は、園内のバラが見頃となる春と秋の期間限定で一般公開されています。

園内に植えられているバラの数はなんと3300株!広さは約180haもあるんです。これだけの規模のバラ園は川崎市でここだけ。

ということで今回は、一般公開が始まったばかりの5月7日に生田緑地ばら苑へ行ってきたのでレポートっ。

これから行かれる方の参考になれば幸いです(´ω`*)

「生田緑地ばら苑」公開期間|見頃|入苑料

公開期間

冒頭でも書きましたが、生田緑地ばら苑は春と秋の限られた時期のみの公開です。

2019年春の公開期間は

2019年5月7日(火)~5月26日(日)

となっています。

ちなみに例年の公開期間は

春:5月中旬~末頃まで
秋:10月中旬~末頃まで

このような時期になることが多いようです。今年は少し早めですね。

見頃・開花情報

毎年、見頃に合わせて公開時期が決められていますが、せっかくなら満開の時期に行きたいですよねっ。

公式のばら苑ブログで開花情報をお知らせしてくれているので、行かれる前にぜひチェックしてみてください♪

 生田緑地ばら苑ブログ

入園料は無料

生田緑地ばら苑はなんと入場無料!駐車場は有料

会場では入苑料の代わりに「ばら苑募金」というものを受け付けており、集まった募金でボランティアの方がばらの育成や施設の運営などをされています。

無料でこれだけの施設を開放されているのはすごいこと。ばら苑に行った際はぜひ協力を♪

「生田緑地ばら苑」へ

ではでは、実際に行ってきましたのでレポートします!

まず入り口ですが、ばら苑は高台にあるためバスや車を降りたあとは長ーい上り坂と階段で上がっていきます。

ベビーカーやお年寄りの方はちょっと大変かも…

雑木林を抜けると到着~

生田緑地ばら苑

到着前まで快晴だったんですが、まさかの雨…。最近出かけるといつも雨なんですよね…妖怪雨ふらし?

それでも、広ーい敷地に感動!ここが全てばら苑なのです。

苑内は周りやすいようにいくつかのエリアにわかれています。

出典:生田緑地ばら苑HP

この日はまだ公開初日ということもあり、残念ながらつぼみが多め。(公式ブログでは2分咲きとのこと)

それでも綺麗に咲いているバラもありました。

苑内の様子を紹介

まず「ロイヤルコーナー」という場所へ♪

ここロイヤルコーナーは国内・国外の皇室にちなむバラを集めたエリアです。

「プリンセスアイコ」という品種。「アイコ」はもちろんあの愛子さま!

プリンセスアイコ

ピンクの可愛らしいバラでした**

こちらは「クイーンエリザベス」。イギリスのエリザベス女王にちなんだ品種とのこと。

クイーン・エリザベス

それぞれバラの名前や説明書きがあるので、バラに詳しくなくても楽しめるようになっています。

つぎに裏門近くのエリアへ。

このエリアは早咲きの品種が多いのか、咲いているバラが1番多かったな~。

続いて「パーゴラ通り」に。

満開になったらすごいキレイなんだろうなぁ(小声)

ひとやすみできるベンチもたくさん

ベンチに座ってバラを眺めるのも素敵です。

他にもキレイなバラがたくさんありました~

生田緑地ばら苑で撮った写真のコンテストも開催されているので、写真好きの方にもおすすめです。

苑内にはバラの販売コーナーがあるので購入も◎

また軽食を販売してるお店もあったので、1日ゆっくり楽しむことができます。

バラアイスやバラジュースなんていうめずらしいメニューもあったので、ぜひチャレンジしてみてください(笑)

春の公開期間に見れるバラは800種類3300株!

生田緑地ばら苑で見ることのできるバラは

春:約800種、約3,300株
(大輪、四季咲き中輪、つるバラ、ミニバラ)
秋:625種、約2,900株
(大輪、四季咲き中輪、ミニバラ)

春の公開期間にはなんと800種類のバラを見ることができるんです。

春と秋、また同じ季節の公開期間でも早咲き遅咲きのバラと見れる種類が違うので、何度来ても楽しめそうですね♪

「生田緑地ばら苑」へのアクセス・駐車場

電車・バス利用

小田急線向ヶ丘遊園駅から徒歩13分

小田急線向ヶ丘遊園駅から[溝06][向01][向02]で「藤子・F・不二雄ミュージアム」バス停で下車

東急田園都市線「梶が谷駅」から[向01]で「藤子・F・不二雄ミュージアム」バス停で下車

※詳しくは公式HPからご確認ください

バス停を降りてからばら苑への入り口まで上り坂と階段があります

臨時駐車場もあり、1日500円で停めることができます。

おそらく50台ほどは停められるスペースがありました。

ただし、満開の時期になるとかなり混雑するようなのでバスの利用がおすすめです。

車で来ても階段を上がらなくてはならないので、こちらも注意してくださいませ~。

「生田緑地」からは離れているので間違えないように

ちなみに生田緑地ばら苑は「生田緑地」と名前がついてるものの、美術館や民家園がある生田緑地とは離れているので間違えないように気を付けてくださいね。

私知らずに間違えそうになりました…笑。結構遠いです(._.)

まとめ

はじめての「生田緑地ばら苑」、満開ではなかったですが十分に楽しむことができました~。

神奈川のばら苑というと横浜の「イングリッシュガーデン」や「港の見える丘公園」が有名ですが、生田緑地ばら苑もなかなか良かったです。

しかも横浜より人が少ないため、ゆっくり楽しめる穴場的な存在ですね♪

限られた期間しか見ることができませんが、お時間があればぜひ綺麗なバラを見に遊びにきてみてください( *´艸`)

生田緑地ばら苑 基本情報

生田緑地ばら苑
・2019年5月7日(火)〜5月26日(日)まで
 平日:10時〜16時30分
 土日祝:9時〜16時30分
 いずれも最終入場は16時まで
・公開期間中は休まず開苑
・入苑無料(ばら苑募金をお願いしています)
・臨時駐車場あり(1日500円

※最新の情報は公式HPからご確認願います

川崎 等覚院「ツツジ寺」へ~2000株のツツジが咲き誇るパワースポット~川崎市宮前区にある「等覚院」というお寺に行ってきました♪ ここ等覚院は別名『ツツジ寺』と呼ばれており、毎年4月末~5月初めのゴール...
小田急線登戸駅がドラえもんの世界に!”すこしふしぎな駅”潜入レポ!突然ですが、ドラえもんは好きですか? 四次元ポケットから出てくる「どこでもドア」や「タケコプター」が本当にあったらいいのになぁ…な...